CFPのちいさな一歩

今日6月のCFP試験の結果が出ました。6課目中の2課目受験して「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」の1科目のみ合格でした。まさにちいさな1歩でした。AFP更新の後の3か月はあっという間に過ぎ、特にGW明けに幸いにもオンライン研修の仕事を沢山頂いたこともあり、一月前に準備が間に合わない事が判り受験課目を4つから3つへさらに直前で2つに絞るドタバタの結果でした。1課目の過去問集を唯一1巡通せた「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」が合格点ギリギリ通過でした。FP2級とは断然レベルが高く、サービス問題が無く各問にそれなりの考察や計算を要するので、時間が足りなくなりました。基本的な法や制度の特徴と覚えきれない例外を何故そうなるかを事前に理解していないと短い時間で判断が難しい設問でした。確かにこれが出来ると実務でも抜けが少ない相談者の対応が可能になる気がしました。1年2回の試験で6課目クリアの計画は吹っ飛びましたが、チャレンジ意欲は増してきました。今回着手した試験日程2日目の「リスクと保険」、「タックプランニング」に1日目からプラス1課目で3科目チャレンジの計画を立てようと思います。

資格更新維持費

先日取得したAFPの資格更新にともない日本FP協会の入会手続きを行いました。キャリアコンサルタントも含め二つの国家資格を取得しましたが、何れも名称独占で定常的に実務につく機会も無いままなので今の所は持ち出し中心です。この二つの資格を更新維持するのにどれ位の年間費用がかかるのかを計算してみました。改めてFPは1級、2級、3級と何れも資格登録や更新は無料というのが確認できたのは驚きでした。立派な資格証も戴いているのに、、、但し裏を返せばそのまま何もサポートはありません。一方民間資格の方のAFPとCFPは日本FP協会に入ることが必須で、こちらは資格更新が必要です。その分JCDAと同様に関連情報のお知らせやホルダー地区会の繋がりもあり、組織に属していない人には入る価値がありそうです。という事で、CFP取得~FP1級までの先々の長い道のりではお世話になる事にしました。以上日本FP協会でのAFP資格更新とキャリアコンサルタントの資格更新及びJCDA会員の三つを維持するための国家資格維持費用見積もりました。キャリコンとFPでそれぞれ約2万円程度の維持費になることが判りました。何れも更新のカリキュラムの取り方や実務認定があるともう少し抑えられる事も判りました。まだ暫くボランティア中心ですが、人とのつながりも増え結果的にはお仕事も頂いていることを考えると意味ある投資との結論になりました。

介護保険の利用者負担

介護サービスを利用すると、毎月施設から請求書・領収書が送られ、さらに保険料や高額介護サービス費、介護給付費のお知らせもあります。他にも年に1回認定更新手続きや制度変更のお知らせ等あり、全容を把握するのが難しいです。結果として口座の出入りで費用は判りますが、新たなサービス(例えば入所)を受けるとどうなるか予想するのはさらに大変そうです。ケアマネージャーや市役所の介護課に聞けばいいのですが、利用者と世帯の所得も関係するため世帯分離するかどうかのセンシティブな問題もあり聞きづらい点もあります。こういう時は腰を落ち着けて制度の構造を理解するのが急がば回れと思います。今回第1段で1日かけてまとめてみました。興味のある方、「介護保険の利用者負担」のリンクで見れます。但しあくまで私自身の理解のための資料なので、文責は負えませんので参考程度に留めてください。もし疑問等あり聞いてみたい方は、本サイト活動内容の「ファイナンシャルプランニング」に相談頂ければ一緒に学ばせていただきます。

AFP認定研修コンプリート!

 今朝「理解度テスト完了・講座修了」のお知らせメールが届きAFP認定研修が終了しました。最後の理解度テストは結局再勉強もしなかったので、FP2級と同じような通るだけの結果でした。今回は提案書作成が何より収穫でした。ファイナシャルプランナーの仕事内容を知るには良い課題でした。また提案書作成であれこれ質問していたら、私の最安コースでは無い提案書の添削を事務局担当が申し出てくれました。○○さんありがとう!早速明日印刷して送る予定です。それにしても、この仕事、家族構成、源泉徴取票、保険証書、資産、将来の夢などのかなりの個人情報を預かり、しかも家族のライフプランを提案するなんて・・・。かなり重い仕事だぞ、と思いました。キャリコンのラポール形成が活きてきそう。

提案書アップロード→即結果!

AFPの認定研修のライフプラン提案書を午前中にアップロードしました。採点に1~2週間かかるとあったので今日は一休みと安心していたら夕方結果メールが着て合格でした。91点と十分な点数ですが、やはり問題点の原因分析の辺りが何か所か減点されていました。自分でも対策案を実行した場合の懸念事項の指摘箇所が少なく感じていました。ひな形を元に未記入部分の記入や参考文例の編集なので作成するので簡単ではありましたが最後の対策を実行したときの結果の考察は予め書かれていないので実力が試されるところです。まだ見習いレベルですね。結果メールには「理解度テストの提出を早めに・・」、さらに「あと一息ですので頑張ってください」の励ましが・・・うわぁ~休んでられない!

AFP認定講習の教材着た~

AFP認定講習の教材着た~と今着いたように書いてますが、一昨日土曜日に宅配便で届きました。

木曜日に申し込んだので週明けだろうと安心していたのでちょっと驚きました。

丁度その日はキャリコンの養成講座仲間の勉強会の幹事でTEAMコンサルの資料の用意もあり、また翌日も開設したばかりのこのホームページの編集で追われて?(誰も追ってないけど・・)そのままでした。

今朝初めて教材をよく見ました。

「FPK研修センターのAFP特修フルWEBコース」

FP基礎のテキストが1冊ありますが、詳細な学習テキストはpdfでダウンロードできるようになってます。ただこのpdfは印刷不可でかつ期限付きなので、印刷して手元に置くことも研修後に見ることも出来ません。これがフルWEBコースの意味らしい。その分他のコースに比べ格安に設定され、さらにキャンペーンだったので8000円と最安でした。テキストはCFPの標準テキストがあれば良いと考え、また心配だった提案書の作成の疑問点があったときはメールで質問を受け付けてくれるのを確認して選びました。

初めて教材を見て分かったのは、いわゆる動画の講義とかなくpdfテキストだけでした。つまり受動的には出来ないんですね。案外きついな~と思いました。しかも理解度テストは章ごとではなく1回でまとめてというのも・・・

計画的にやらないと駄目とわかり、早速エクセルで日程を書き込むことにします。ついでにキャリコン関連の活動やオンライン研修の仕事なども加えて無理ない日程にしないとCFP受験の日程に間に合うには今月で終わらないぞっ!ちょっと気が重いけどおしりに火が付いた感じも緊張感が出て良いですね!

 

ファイナシャルプランナー試験結果

1月末のFP2級の結果が送られてきました。
無事合格で、学科が約7割実技8割を少し超えた所で自己採点通りでした。
こうして見るとエントリーのFP3級の時と違って、あまり余裕無かったです。
実技試験はトイレが近くて未記入のまま中途退出の割には良かったですが、そんなトラブルもない学科が73%とは・・・。
やはり自己研鑽積まないとなぁ~。とても相談受けるなんて遠い!
次のAFPは実際の業務に近い提案書作成があるそうなので期待です。
 FP1級までの道のり、カメの歩みのように一歩一歩ですね。
時間が掛かる分、身に付くと信じて一歩一歩。。